levigaモイスチュアセラムの効果が話題になっている5つの革新的な理由とは?

levigaモイスチュアセラムの効果をもたらす「5つの革新的な技術」がメディアで話題になっています。それは、次のようなことです。

最先端技術であるラメラ構造100%の美容液!

水(精製水)を1滴も使用せず酸素水に置き換えた酸素ラメラ構造は、世界初!

皮膚のスキンフローラに着目!肌の常在菌の善玉菌と悪玉菌のバランスをコントールし、美肌菌を増やす効果を期待できるようにしました。

ラメラ構造を形成する2つの重要な成分に、細胞間脂質セラミド(ヒト型セラミド、植物セラミド)、天然保湿因子NMFを配合。そのほかにも、厳選された植物エキス(カンゾウ根エキス、メマツヨイグサ種子エキス、ユズ果実エキスなど)も配合しています。

お米と乳酸菌の発酵法によるラメラ構造で界面活性剤フリー。また、肌に不必要な防腐剤・エタノール・鉱物油・シリコン・合成香料・合成着色剤・紫外線吸収剤・動物由来・旧指定成分がオールフリーなので、敏感肌の方も安心してご使用いただけます。

世界初!のlevigaモイスチュアセラムのラメラ構造と効果は?

「ラメラ構造」は、角質細胞とともに、肌のバリア機能の役割をしています。油分と水分がミルフィーユ状に層を作っている状態で、肌内部の水分蒸発を防ぎ、外的刺激から肌を守る役割をしています。加齢や間違ったスキンケアで、この層が乱れてくると乾燥肌や小ジワなど、様々なトラブルが起こってきます。敏感肌やトラブル肌、加齢による年齢肌の人は、特に、このラメラ構造の状態が、乱れやすいことが原因と考えられています。

そこで、levigaモイスチュアセラムは、水(精製水)を一切使わず、世界で初めて酸素水を使用した酸素ラメラ構造を独自開発しました。美容液の中は、人間の肌と同じ酸素ラメラ構造100%となっているため、乱れたラメラ構造部分の修復に即効性があるため、肌に素早くなじみ、しっとりと潤いやすくなる使用感が期待できるのです。

また、ラメラ構造の水分と油分の乳化には、お米の発酵と乳酸菌による発酵法を用いているため、界面活性剤や防腐剤などの肌に不必要な成分は、入っていません。だから、敏感肌の人にとても優しいエイジングケアの美容液になっています。(※界面活性剤、防腐剤・エタノール・鉱物油・シリコン・合成香料・合成着色剤・紫外線吸収剤・動物由来・旧指定成分オールフリー

「levigaモイスチュアセラム美容液」の効果の体験談!

・最近試した加齢肌対応の美容液の中ではこれが一番合いました。続けて使うには肌に合うもので優しいものでないとダメなので。肌のバリア機能がアップし、効果の実感がありました。

・さすが、毎日、肌のことを見ている方たちが作ったものだと使用後に感じました。使い心地は、スーッと伸びて、みるみるふっくらモチモチしていくのを感じました。敏感肌でなかなか安心して使えるものがなかったのですが、これは信用できました。

leviga(レヴィーガ)モイスチュアセラムの効果・評判を、ご使用された方の口コミ・感想などの情報を多数のコスメ・化粧品取り扱いサイトで調査し、随時更新して掲載しています。(参考:leviga公式サイト、leviga ONLINE SHOP、モニター、@cosme、MAQUIA ONLINE、比較サイト、楽天、ヤフーショッピング、Amazon他)